« 2017シーズン、いよいよ! | トップページ | たくさんのご来場お待ちしてます! »

2017年4月 2日 (日)

ツアー初優勝から悔しさの中に

1491088385512.jpg
©YUKIO MAEDA/M-WAVE

お陰さまで3月19日(日)「2017Jプロツアー第2戦“宇都宮ロードレース”」において、吉岡直哉選手がチームにツアー初優勝をもたらしてくれました。


チームとして、公式戦勝利は2014年全日本選手権ロードレースで佐野淳哉選手が日本チャンピオンを獲得した時以来でもあり、勝利の瞬間はビジョンを見ながら実況を担当していたのですが、我を忘れてしまうほどでした。


前回の勝利は「何が起こったのかわからなかった」放心状態で迎え得たものでした。


しかし、今回の勝利はたくさんの苦難を乗り越え、応援してくださる皆様と選手・役員スタッフが一体となり、勝ち取った勝利でした。


個人的には業務中にも関わらず取り乱してしまいましたが、なによりも「勝利」を実感させてくれたのは、ブラーゼンに関わりみてくださっているすべての皆さんが、心からこの勝利を当事者として喜んでくれたことでした。


プロスポーツチームが戦った先にあげる勝利の力の偉大さを、むしろはじめて知ったような感覚を持ちました。


吉岡選手の「このチームで勝ててよかった」という言葉は、本当に関係者冥利に尽きるすべてを集約したコメントでした。
ありがとう!


ブラーゼンの全員が「もっともっと勝ってあの痺れる感覚を味わいたい」と渇望し、今また新たな壁と戦っています。


今日は「第一回ツールドとちぎ」の最終ステージ。
これだけの素晴らしい舞台に出場する選手達は全員が心を震わせていることでしょう。


地元勢であるブラーゼンにとってはなおのこと、この舞台での走りは大きな意味と意義を持ちます。


引き続き、応援宜しくお願い致します‼

« 2017シーズン、いよいよ! | トップページ | たくさんのご来場お待ちしてます! »

コメント

ブリッツェンに続いて 本当にいいチームになりましたよね

ブリッツェンに続いて 本当にいいチームになりましたよね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2017シーズン、いよいよ! | トップページ | たくさんのご来場お待ちしてます! »