スポーツ

2017年2月28日 (火)

まずい。そうだ!自分にペナルティを課そう!

『那須ブラーゼン2017スターティングパーティー』
がいよいよ迫ってきました。
3月12日(日)18:00-
那須ガーデンアウトレット様にて
皆様の奮ってのご参加お待ちしております。


1488211440510.jpg

そんな今日、かれこれ前回の更新からは2週間以上が経ってしまったではないですか。

これはいけない。

自分がこんなことではいけないんです!!

前回の更新は勢いで中3日でしたから「週の中で一回だよね」と余裕のつもりでいたら結局2週間経っちゃいました。なんて言い訳は通用しません。
させません。

なんという怠惰。なんという体たらく。
猛省して、明日一日馬車馬のように働きます。

ローカルルールで「週一回の更新」を義務付けて以来、『縛り』に対する付き合い方も今さらになって学んでいる次第です。

更新が約束通りできなければ価値がありませんし、更新そのものをストレスに感じすぎても何か本質を失ってしまう。

世の所謂「出来る人」達はどの様に心のバランスをやりくりしているのでしょうか。

今回は一回目の警告ということで(甘いですね)次回以降は重大なペナルティを課すことを誓いまして結びとさせて頂きます。

2017年2月 1日 (水)

「ツール・ド・とちぎ」はサイクルツーリズムの親玉!?

いよいよ「ツール・ド・とちぎ」開催まで2ヶ月を切り、事務局はじめ県や各自治体では準備が佳境を迎えています。

(ツール・ド・とちぎwebページURL)
http://www.tourdetochigi.com/

那須ブラーゼンとしては、ホームである栃木県内で開催される国際大会にして、ラインレースでありステージレースという、開催に漕ぎ着けるには本当にたくさんのハードルがあったであろうこの偉大な大会を特別な思いで迎えることとなります。現在はシーズンインに向けて、各選手が目下基礎的なトレーニング段階から強度を上げたトレーニングへと移行している時期で、早くチームで走っている姿がみたいなと、2017シーズンのメンバーが勢揃いする日を首を長くして待っています。

さて、そんな今回は栃木県の発行する『県民だより』のご取材を頂き、宇都宮ブリッツェン・廣瀬GMと共に、レースの魅力や観戦のポイントなどについて語らせて頂きました。廣瀬GMと共に、『ツール・ド・とちぎ広報官』としての任務も加速させていかなくてはなりません。

1485917895787.jpg


上述した、レベルの高い競技としての一面だけではなく、非常に高いポテンシャルを持った「スポーツツーリズム」としての一面がどのように力を発揮していくかが、今後より一層サイクルロードレースが各地域の文化として融合浸透していくには重要なポイントになるであろうと考えています。

サイクルロードレースは、既に栃木県内では「ジャパンカップサイクルロードレース」に代表されるレース開催によって、その集客力を証明しています。この要因としては様々あると思いますが
・基本的には無料で観戦できること
・普段日常的に通る道がレースコースになり身近
・街や施設が非日常的なレース会場へと変貌するなどの特異な開催スタイルにより
観戦そのものにお金がかからず、収容人数が多くできることからも、受け入れた地域にとっては経済波及効果が非常に高くなるのではないかと観測されていて、当然、固定されたスタジアムで運営される訳ではないという準備や開催にかかるコスト的なデメリットはあるわけですが、地域単位の規模での受け入れを考えれば十分に投資するメリットのある大会・イベントに変えることができるのだと思います。

特に栃木県内では今年、ブラーゼンが主戦場とする「Jプロツアー」のレースが7レース開催されることからも、地域経済を活性化させる一大イベントであり、年間通じてサイクリングを楽しまれる方もそうでない方も受け入れられる体制作りのきっかけとなるような大会の開発が必要となるでしょう。

今後、「ツール・ド・とちぎ」と共に、たくさんの来場客を国内外から受け入れ、文字通り栃木県の魅力を、訪れた人々に伝えていく大会へと成長を遂げていくことが楽しみです。

2017年1月24日 (火)

2017年初投稿にしてせめぎあいの始まり。

尊敬するある方が書いておられましたが、ブログを定期的に書くということは、一見手間を増やすだけのようだけど、実は仕事・プライベートを引き締めるたくさんの効果があるとか。

(以下出典元URL)
http://www.jsports.co.jp/cycle/kurimura/m/post-969/

そんな訳ではないのですが、2017シーズンの那須ブラーゼンは選手のみならずスタッフもブログを定期更新していこうということで、まずフロントスタッフ(5名)が週一回以上の投稿を義務として行うこととなりました。

自分自身はさておいて、これまでブログやSNSなどでも個人としての発信をあまりしてこなかった簑輪マネージャーや郡司メカニックの更新には期待を寄せていて、フロント陣個々のキャラクターを通して、チームの活動を別の角度からもご覧いただけるのではないかと思っています。


それにしても、ココログを使いはじめてかれこれ7年が経ちますが、実は今日はじめて「スマホアプリ」を使用してブログを投稿しています。

これは便利だ…

今までの方法としては
・PCでネット内のココログにアクセスしログイン→投稿
・携帯メールで投稿
の選択肢がありましたが、この7年で急激にスマートホンがネット社会を牽引するようになり、もはや私も時代遅れの人として、日々選手達がアプリでブログを更新している姿を傍観してきました。

しかし、やはり定期更新を決めたからには、更新に対する心理的負担を減らすことが大切であり、便利と聞いてすがる思いで「いざアプリ」という踏ん切りと便利機能への飛び付きを経て現在の更新にたどり着いたという訳です。


これも聞いた話ですが、早朝の固定ローラートレーニングを定期的にするにあたって、前日のうちにバイクをトレーナーにセットし、シューズを目の前に。そしてレーパンを履いて寝る。

ここまではどうかと思いますが、負荷に対して自然の備えと体制の整備により立ち向かうという良い教訓でもあると思います。

やはり良い仕事をするには、整理された環境、整然とした仕組みを自らで作った上だな!などと分かっているふりをしながら、最近は車内の整理整頓がなっていないと岩井マネージャーと簑輪マネージャーに咎められる若杉なのでした。


NEXT NASUBLASEN!
1485271433048.jpg

その他のカテゴリー